観光地紹介

楽山大仏は嘉州大仏、嘉定大仏、凌雲大仏とも言われております。岷江、青衣江、大渡河の合流点にあり、山の斜面を彫って作られております。世界一の大きさの摩崖石刻弥勒座仏です。
楽山大仏建立は雄大な工事で、彫り始めから90年の歳月を費やして完成しました。3世代の人と4代の皇帝の時代が過ぎております。唐开元元年(713年)凌雲山中に入った海通和尚は大仏を作ろうと提唱した人です。当時“人夫競力,千锤済奋,大石雷坠。”と言われた大難工事で、海通法師は大仏を肩の部まで作った時、亡くなってしまわれました。その後、剑南西川節度使である章仇兼琼と韦皋が先後して寄付して、工事を引き継ぎました。大仏を“趺足成形,莲花出水,如自天降,如从地涌”(“或丹彩以章之,或金宝以厳之”)とさせまして、ようやく工事は唐贞元十九年(803年)に全部完工しました。頂を現し龕をつけ、円やかで潤いがあって、ふくよかです。宝相が厳粛で、割合が均整で、雄大で壮観です。

凌雲寺

凌雲寺は凌雲山の中に建つ有名な古跡の一つです、宋代では一時的に報恩寺と呼ばれていました。寺院の前に楽山大仏があることから、民間では“大仏寺”とも呼ばれております。
凌雲寺は唐代に建立されました。歴史資料の記載によると、大仏がつくられるよりも前の、今より1200年前にはすでに存在していました。唐开元元年(713年)大仏が建造された時に、寺院も拡張されました。但し、私達が今見ている寺院はもう唐代そのままの様子ではありません。唐代の凌雲寺は宋末元初期の頃、戦乱の中で壊されてしまいました。明代の洪武、成化年間、二回再建され、拡張されました。明末にまた戦渦に遭い、大部分が壊されました。現存している凌雲寺は清代康熙六年(1667年)に再建された寺院です。その後、何度も修復されています。特に中華人民共和国が成立してから、絶えず補修に力を入れたので、今もすばらしい状態で存在しております。
凌雲寺は天王殿、大雄殿、蔵経楼から成り立つ三重四合院(旧式の家)建築で、四週は朱色の壁と琉璃瓦で、緑の樹が寺院を引き立たせています。两側は明清二代で再建された寺院の碑記を4基排列しています。
“凌雲寺” 横額の文字は行楷書で、重厚できちんと整っています。ただし、この文字の偏旁はなぜ「さんずい」になっているのでしょうか?この“間違い”文字について、面白い話があります。この横額は清末の蜀の有名な書家赵熙さんが書いたものです。当年、赵熙が嘉州凌雲寺を遊覧する時、寺院の住持は文房四宝を持って来て、赵熙先生に横額の字を書いて頂きました。赵熙は興味満々で、書きましたが、“凌”という文字を「さんずい」で書いてしまいました。寺院の僧は互いに顔を見合わせて、いったいどうしたことだろう?と思いました。
を象徴していると巧みに釈明したと伝えられます。実は“凌”という文字の古体は“凌”となっています。

楽山大仏

楽山大仏は嘉州大仏、嘉定大仏、凌雲大仏とも言われております。岷江、青衣江、大渡河の合流点にあり、山の斜面を彫って作られております。世界一の大きさの摩崖石刻弥勒座仏です。
楽山大仏建立は雄大な工事で、彫り始めから90年の歳月を費やして完成しました。3世代の人と4代の皇帝の時代が過ぎております。唐开元元年(713年)凌雲山中に入った海通和尚は大仏を作ろうと提唱した人です。当時“人夫競力,千锤済奋,大石雷坠。”と言われた大難工事で、海通法師は大仏を肩の部まで作った時、亡くなってしまわれました。その後、剑南西川節度使である章仇兼琼と韦皋が先後して寄付して、工事を引き継ぎました。大仏を“趺足成形,莲花出水,如自天降,如从地涌”(“或丹彩以章之,或金宝以厳之”)とさせまして、ようやく工事は唐贞元十九年(803年)に全部完工しました。頂を現し龕をつけ、円やかで潤いがあって、ふくよかです。宝相が厳粛で、割合が均整で、雄大で壮観です。

1